APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。




無料カウンター

« | 2017/10 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

運指のポジションを考える

年も明けたんで、(いやいや、遅ればせながらの書き込みなんですが、、)
昨年のJazz Lifeを電子化しながら面白そうな記事を探してみた。
何というか実に薄い雑誌となってしまって、少々不安なのですのが、
再読してみると結構面白い記事があり、惰性で読むのはイカンナァと反省。

そんな中で、ギタリストのモンク・アプローチという記事があって、
Steve Khan、Wolfgang Muthspiel等、総勢8名のギタリストの譜例が載っています。
各人のソロから4小節くらいの短い抜粋なんですが、それぞれの個性が出て面白い。

音源と付き合わせながらポロポロ弾いてみて、良いなぁと思ったのが、
Kurt RosenwinkelのAsk Me Nowのソロ。

B7-Bb7-Eb7のところで、
B7アルペジオーA7アルペジオーBb Com.Dim. ーBM7アルペジオを弾いてます。
Bb7のところのフレーズはこんな感じ。

スケールを上昇して、アルペジオで降りてくるだけなんだけど、
BM7なんで、Ebへのサブドミナントマイナーケーデンスとなるのが肝か。

で、この譜例を実際にどんなポジションで弾くか結構悩んだ。
JazzLifeの譜例だと、3フレット人差し指のポジションでcom.dim.の上昇、
1弦6フレットから、5弦1フレットまでのストレッチっぽい運指でアルペジオ。

どうも、しっくりこないんだよね。
いろいろ試して、6フレット人差し指のポジションで弾くのが良い感じ。
これだと、6弦の6フレットがBbなんで、Bb7のフレーズとして頭に入りやすい。

ギターの場合は、同じフレーズを色々な運指で弾けちゃう。
まぁ、読譜が難しい一因だと思うけど、ニュアンスを弾き分けられるのは利点。
所謂1ストリングス奏法なんかは、運指が難しい分、
何というか、息苦しさみたいな雰囲気が出るんだよね。

フレーズをコピーするときも、運指までコピーして実際の雰囲気を再現するか、
自分のフレーズとしてストックしやすい運指にしちゃうか悩むところです。

今年は、もう少し練習記録的な書き込みを増やしたいと思うのでした。
今年もよろしくお願いします。



あぁ待ちきれない。来日も決まった模様。
関連記事

運指のポジションを考える その2«  | HOME |  »'16 今年の一枚

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bakarasche.blog81.fc2.com/tb.php/381-486c882d

 | HOME |