APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。




無料カウンター

« | 2017/05 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

Hristo Vitchev & Wever lago at Motion Blue Yokohama, Apr. 4 2017

FacebookでJazz系の情報を漁っていたとき、Hristo Vitchevというギタリストを見つけた。
ブルガリア出身らしいが、自身のFacebookではexercise系の動画をアップロードしていて、
これがまた、なんというか凄かった。

今回、Weber lagoというブラジル系のピアニストとDuoで来日するということで、
マネジメントをしているAMSA Recordsがその動画を纏めてくれたのがコレ。


まぁ、今時の若手は皆とんでもなく上手いんだけど、、、
ということで、仕事を抜け出して観て参りました。

Hristo Vitchev & Wever lago at Motion Blue Yokohama, Apr. 4 2017
Hristo1.jpgHristo2.jpg

曲は二人のDuoアルバム"Heartmony"が中心だったんだけど、
Weber lagoがアレンジした荒城の月や、枯れ葉を演ってました。
どちらも大胆なリハモで、スーパーコンテポラリチューンになってました。

どうしてもPat Metheny & Lyle Maysを連想してしまうんですが、
ブラジルぽさはあまり無くてどちらかというと、
アメリカフォークソングの東欧的解釈というんですかね。
(いや、どちらも知らないんだけどさ。)
ちょっと影響を受けてしまい、先の動画で練習をしたりしています。

終了後の会場出口にAMSA Recordsの方がいて、
来場者特権として、前回来日のライブ音源の配布アドレスを貰いました。
こちらはQuartetだったのですが、これも凄くかっこ良くて、
今度はぜひQuartetで観てみたいですね。

これは、Weber lagoとの最新Duo。


こちらはQuatetで、僕はこちらの方が好きだなぁ。


しかし、世界には凄い人が沢山いますね。
関連記事

'17 Golden Weekの日々«  | HOME |  »模倣されるスタイル

コメント

この方もペダルでブーストして軽いタッチで弾くスタイルなのですね。左手の脱力が素晴らしい。
実は最近ウッドベースを初めて、月2回セッション+1回ライブで弾いてるのですがそのおかげでギターでの脱力が恐ろしくできるようになりました。
(ウッドベースは脱力ができてないとスタミナが持たない)
パスカレグラッソにしてもこの方にしても今の若い方は皆運指とフォームの脱力がうまいですね。軽いタッチなのは流行りなのかな。

>Tangoさん
脱力って難しいですよね。
ただ最初から脱力を目指すのもダメなような気がしていて、
軽すぎるタッチはドライブしないと感じます。
まぁ、ある種前近代的な星飛雄馬チックな考えなのかも知れません。

Tangoさんから、”今の若い方”と言われると、
私なんかはどうすれば良いのかと、、
コレまで、Metheny以降みたいなくくりがありましたが、
今やKurt以降の世代が注目ですからね、しようがないか。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bakarasche.blog81.fc2.com/tb.php/389-2cb81d40

 | HOME |