APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。




無料カウンター

« | 2017/11 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

Hristo Vitchev Master Class その1

今年の4月にMotion Blue Yokohamaでブルガリア出身のギタリストである、
Hristo VitchevのPiano(Weber lago)Duoライブを観た。

Hristo Vitchev & Weber lago at Motion Blue Yokohama, Apr. 4 2017

これがとても良くて、彼のレッスン動画の内容を自分の練習に取り入れたりしている。
彼が再来日して、全国でセミナーやプライベートレッスンをやるということで、
都内でやった2回のセミナーに参加したんで、備忘録も兼ねて纏めてみる。

8/1のセミナー(@ミューズ音楽院)は、How Insensitiveのソロギターから開始。
ピアノ的に捉えたギターの運指、ポジショニングをテーマにするとのこと。
ピアノの場合、音程と鍵盤が1対1で対応しているが、
ギターは一つの音程を複数のポジションで弾くことが出来る。
これが運指を複雑にしてしまっているので、ある一つのポジションに限定して運指を考えてみる。

指が4本なので、1ポジションは4フレットの範囲を基本とする。
例えば、2フレットから5フレットまでの4フレットx6弦=24音が1ポジション。
一つのポジションから左右に移動すること無く、全てのスケール、コードアルペジオを
弾けるようにしようというのがHristo流運指の考え方。

2f-5fポジションで、Cmaj7アルペジオを弾く場合、
6弦3フレットGの中指を開始点として、多分こんな運指かな。
3f/6 - 2f/5 - 3f/5 - 2f/4 -5f/4 - 4f/3 - 5f/3 - 5f/2 - 3f/1 (フレット/弦)

じゃあDmaj7アルペジオを弾くならどうするか。
ギター的にはそのまま2フレット高くずらせば、同じ運指で弾けちゃうんだけど、
それだと、弾きたいコードアルペジオ単位で、ポジション移動になってしまう。

なので、ポジションを固定し、
6弦2フレットF#を人差指で押さえる運指で弾く。
2f/6 - 5f/6 - 4f/5 - 5f/5 - 4f/4 - 2f/3 - 2f/2 - 3f/2 -2f/1 - 5f/1

この運指が頭、指に入っていれば、ポジション移動無しで弾けるから、
速いテンポのコードチェンジにも対応できる。

今、当たり前と思ったよね、
そう、当たり前なんだけど、これが出来るということは、
全てのスケール、アルペジオが任意のポジションで弾けるということだ。

例えばCmaj7のアルペジオなら、6弦上に
3f -G 7f-B 8f-C 12f-Eの4音が有るんだけど、
それぞれを、人差し指で押さえる、中指(or薬指)で押さえる、小指で押さえるという
運指があるので、4音x3開始指の12パターンの運指が存在するのだよ。

Cmajスケールなら、6弦上に7音有る訳で、
それぞれを3開始指とする運指を考えると、7x3=21パターンの運指だよ。

Hristo Vitchevさんは、この運指の可能性を全てやれと言ってる訳で、、
(全スケール、全コードで、、 まぁ、かなりダブる運指になるんだけど。)

因に彼は、セミナー中に、参加者から任意のルートを3、4個選んでもらって、
その場で1ポジションであっさりと弾き切っておりました。



このレッスン動画の2:20位から、key=Fのダイアトニックコードアルペジオを、
1ポジションで弾く例があるんで参考にどうぞ。

勿論、コレが出来るということが最終目的ではない。
あるポジションで演奏してたときに、任意のスケール、コードをインポーズできる訳で、
セミナー後半では、例えば、G7を弾いていたときに、裏のDbをぶっ込む、
オルタードとしてBbアルペジオと交互にインポーズするとか、どんどん恐ろしいことになっていくのでした。

続きたい。

関連記事

Hristo Vitchev Master Class その2«  | HOME |  »PRS SE ナットを替えてみる

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bakarasche.blog81.fc2.com/tb.php/396-63a80a35

 | HOME |