APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。




無料カウンター

« | 2017/08 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

アルペジオからフレーズへ

葉山に香津美さんを見に行く前、実は2度目のレッスンに行ってきました。
ここ2ヶ月間、宿題としてやってきたアルペジオの確認です。

色々な課題のパターンを、僕ができているかを確認しながらのレッスンでした。
所々で、その課題のパターンを意識したアドリブを、A trainのコード進行で
やるのですが、当然使っていい音は、コードトーンとそれに対するアプローチノートのみ。
アプローチノートも、所謂クロマチックスケール的な用法ではなく
飽くまでも、コードトーンへのアプローチとして使う。
なかなか難しいのですが、フレーズの贅肉がどんどん落ちていき
骨格が見えてくる感じで面白い。

それから、不規則な位置でソロをやめてみる練習。
例えば、3小節弾いて2小節休むみたいな感じ。
どうしても、4、8、、といった小節単位でフレーズが落ち着いてしまうので
それを、無理矢理変えてみる。フレーズとして面白い感じになるし、
いかに自分がフレーズの単位を同じにしているかが判る。

とまぁ、色々盛りだくさんでした。
今回の宿題はスケールです。これについては又今度書いてみよう。
関連記事

支那課長現る!!«  | HOME |  »香津美さんはやっぱりすごいと葉山で思った。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bakarasche.blog81.fc2.com/tb.php/51-b0d37602

 | HOME |