APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。




無料カウンター

« | 2017/08 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

Paul Reed Smithの新機種を弾いてみた。

昨日は久しぶりのレッスンを受けるために横浜に出かけた。
レッスン自体は自分のダメな部分を再確認することができたし、
ちょっと気付かないようなアドバイスも頂いたので、とても有意義であった。

で、その後、横浜の石橋楽器に行ってみました。
丁度、PRSのデモをやっていたので、何となく聴いていた。
演奏をしているのは、野村大輔さんという方で、
リットーミュージック等から教則本を多数出している人でした。

デモの後、置いてあったPRSの新機種で、ホローボディの廉価版モデルを
試奏してみた。これが、結構良くて、適度なソリッド感と、箱鳴りがバランスしていて
なかなか使いやすい感じでした。
ただ、弦のゲージが私にはちょっと細くて、011くらいのゲージが使えればなぁという印象。
これは、私に取ってはPRSの共通の問題で、推奨ゲージが009なので011を張るためには
ナット等を再調整しなければならないのだ。メーカーの人も来ていたので
この辺りを訊いてみたが、やっぱり011を張ることに対してはお薦めしないという回答。

残念だなぁ。ある意味理想のギターなんだけどな。

ところで、試奏していたら、野村さんが大音量で店のギター(ストラトだったかな)の
試奏を始めてしまい、うるさくて自分の音が聞こえなくなっていたので、
やめて帰ってきました。

大体、PRSのプロモートで来てるんだから、デモの後でお客がPRSを試奏してる脇で、
しかも、PRS以外のギター試奏しなくてもいいと思うのだけどねぇ。

ポール・リード・スミス -ギター・マガジン(DVD付き)ポール・リード・スミス -ギター・マガジン(DVD付き)
(2007/02/26)
不明

商品詳細を見る
関連記事

モノを作るということ«  | HOME |  »Polytone Preamp (JCは強し、敗者復活戦 )

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bakarasche.blog81.fc2.com/tb.php/78-ccafb50c

 | HOME |