APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。




無料カウンター

« | 2017/06 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

カナル型イヤフォンいやいや園のお話

音楽を聴く時間のうち、半分くらいはiPod+イヤフォンを使っている。
イヤフォンのほとんどがカナル型と呼ばれる耳栓タイプなんだけど、
正直、これが苦手なんだよね。

装着時に鼓膜に気圧がかかる感じが嫌だ。
しばらくすると、耳の中が痒くなるのが嫌だ。
ケーブル等のタッチノイズが大きいのが嫌だ。
周りの音が何も聞こえなくなるのが嫌だ。

いやいや園かお前は。
(いや、昔そういう児童文学が有ったんですよ。)


まぁ、仕方が無いんでカナル型も持ってるんだけど、
いつもはiPodの付属イヤフォンである、EarPodsというのを使っていた。
これ非カナル型で、悪くないんだけど
少し低域がブーミーなのと、なんか落ち着かない外れやすそうな装着感がちょっと苦手なんだ。

で、先日Ninewave社のNW-Studio Proというイヤフォンを買ってみた。
IMG_0362.jpg
カナル型が嫌いだという、いやいや園児はそれなりに存在するらしく、
園児の間では注目されてたイヤフォン
たまたま安売りしてたんで購入したんだけど、これが中々よろしいのですよ。

最初は低音スカスカだし、何だコレ、大ハズレだと思ったんだけど、
装着をきちんとすると、量感たっぷりとまでは行かないが、低域も出てるし、
凄く素直で、カナル型には無い開放感が有る。

ただ、まともな音が出る装着ポイントを見つけるのが難しい。
僕の場合は、イヤーパッドは必須。ある程度密着しないとレンジの狭い寂しい音。
上手く装着できればという条件付きだけど、コレおすすめです。




調べてみたらnw-studio proはディスコンで、
今はこのnw-studio neoにモデルチェンジしてるみたい。
なんかずいぶん高くなってしまったんで、どうかと思うのですが、
これは、イヤーパッドが改良されて装着感が向上している模様。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ninewave イン・イヤー ヘッドホン NW-STUDIO XNIW551211
価格:6180円(税込、送料無料) (2017/3/31時点)




廉価版も出ているので、こちらで試してみるのが良いかも。

カナル型いやいや園児の皆様。もし他のおススメが有りましたら、
ぜひ情報頂きたく。

関連記事

Looperで遊ぶ。 tc electronic DITTO

ジャズのギターって正直ちょっと微妙な立ち位置なんで、
ピアノとか、サックスとかと違って、
”君たちだけでやってね。あ、ピアノが無い店のときは呼ぶからさ。"
的な、扱いだよなぁ。

この頃人前で演奏する機会が増えたのだが、(私にしてはですけど。)
ほとんどが、Guitar Duo(+α)なわけだ。

ということで、Guitar Duoの練習をするのだ。
これまでは、POD HDのLooper機能を使っていたけど、如何せん録音時間が短い(48秒)。
良く有る1コーラス32小節のスタンダードだと大体入らない。
やっぱり専用機買うかぁって探してみました。
ちょうどサウンドハウスでアウトレット箱汚れ品が出ていたので、
tc electronicのdittoというLooperを買ってみました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

tc electronic DITTO LOOPER
価格:11924円(税込、送料別) (2017/3/25時点)




足で踏むと動いちゃうんじゃないかと思う位、凄い小さいんだけど、
結構安定していて良い感じ。
操作は単純で、踏めば録音開始、もう一度踏めば録音停止して即時再生開始。
ただ、録音開始は良いんだけど、再生開始ポイントで踏むのが意外に難しい。
いや、僕のリズム感悪いだけだけど。

で、これが凄い楽しい。
そりゃ、Jameyのほうが上手いし、ドラムもベースもピアノも有るんだけど
なぜか自分のヨレヨレ伴奏での、”ひとり二人羽織”Duoが楽しい。
実は逆パターン、つまり先にテーマを録音して、それに伴奏するのも良いんだよ。
これ、looper無しだと中々出来ない練習パターンだよね。

今更ながら気づいたんだけど、ジャズギタリストなら必携のツール。おススメです。

勿論オーバーダブも無制限に可能。
但し、伴奏に自分のソロを重ねて録音したのを聴くと、結構応える。
下手だ、ダサい。しかも毎コーラス同じソロを聴かされる。

こういう場合は、速攻消去だ。スイッチ長押し。

Wolfgang MuthspielのLooperを使った演奏がカッコいいんだけど、
まぁ、上手い人だからできるんだよね。


何と言ってもミスると毎コーラスミスるんだよ、Ditto君は。
関連記事

Caipi

一人で多重録音という情報があったんで、ある程度予想してたんだけど。
ギター以外の楽器がダイナミクスに欠けたデモテープ的ニュアンス。

Pat MethenyのOrchestrionのときに感じた印象と同じ。
打ち込みではないんだけど、なんかのっぺりして(特にベース)
はっきり言えば、ギター以外は他の人がやったほうが良かったなぁ。
クラプトンはどうかと思うけど。

Star of Jupiterの圧倒的なカタルシスを求めてはいけないのかな。
あれは、高校生のときのハードロック衝動を思い出すレベルだった。
鬱屈した日常へのイライラを紛らわす麻薬だった。

多分、PMGとの類似性が語られるんだろうけど、
同じブラジルでも、あの”Third Wind"に有ったうねるような高揚感はCaipiには無い。

ライブに行くつもりだったけど、ちょっと迷ってます。
Nir Felderみたいにライブだと大化けするパターンも有るからなぁ。

関連記事

Neutrikの変わり種プラグ Timbre

先日、サウンドハウスが見慣れないプラグの取扱い開始をアナウンスしていた。
どうも、ロータリースイッチが内蔵されていて、これでトーンが可変出来るらしい。

調べると、製品自体は数年前から有るらしく、日本ではまだ流通していない模様。
画像をリンクできるのが、Amazon.comのアフィリエイトだけなんだけど、
とりあえず貼ってみた。

NeutrikのWebにあるインストラクションマニュアルをみると、
モールドされたスイッチ部から配線が一本出ていて、コレをケーブルの芯線と一緒に
Tip端子に配線するらしい。

多分、Cをぶら下げてハイエンドを落とすんだと思うんだ。
はっきり言って、ギターのトーンを絞るのとあまり差がない気がするんだけど、
この手のものは試したくなるのが性分なんで、早速サウンドハウスに注文しました。
通常のNP2RXが380円のところ、このTimbreプラグはなんと、2580円!
しかも、納期2ヶ月、、まぁ、良いんだけどさ。
4月末には届きそうなんで、今年のGWの工作にしましょう。

一応、サンプルムービーが出てました。


プラグに細工を仕込むというのは、僕もやったことが有ります。
Low-Z Cable
これは、EMGのようなローインピ出力専用のケーブルです。
普通のハイインピピックアップに繋ぐと、駆動しきれなくてハイ落ちしちゃいますが、
ローインピ出力ならノイズレスで駆動可能なケーブルです。

ま、抵抗一本入れただけですけど。


関連記事

運指のポジションを考える その2

前回は、KurtのBb7のフレーズの運指を考えたのだが、
今度は、その前のB7でのフレーズについてです。

B7ではB7(9,11)のアルペジオを、前半B7、後半Aに分けて弾いている。
フレーズとその運指はこんな感じ。

2段目がJazzLifeの譜例。
途中でポジションチェンジが入るからちょっと弾きにくいんだけど、
なんというか勢いみたいなものは出るんだよね。
運指的には、F#m7-Aみたいな進行を想定してしまうから、
僕にとっては、B7のフレーズとしてストックしにくいかな。

3段目が2フレット人差し指のポジション。
これは、右手は所謂スイープぽく弾けるんで、結構弾きやすい。
ただこの後のフレーズが、前回の6フレットポジションのフレーズなんで繋がりが難しい。
後、どうしてもF#m7の運指なんで、B7でF#m7(IIm7)を弾く意識が必要。
(まぁ定番だけど、、IIm7のままトニックに行くというのは結構出てこなかったりする。
 律儀に、ドミナントっぽく弾いちゃうんだよな。)

4段目が、6フレットのポジションの運指
6弦7フレットのBから始まるから、Bミクソリディアンの3度インターバル的な
運指でインプットされるから、僕の場合はコレが一番フレーズストックしやすい。
コレも、慣れればスイープっぽく弾けるけど、ちょっと粒建ちが揃いにくい。

ソロをコピーして覚えたつもりでも、自分の演奏に出てこないフレーズが結構有る。
このフレーズはB7用みたいな、フレーズへのタグ付けが頭に入りにくい運指が有るということか。
僕の場合は、7thコードは6弦ルートのポジションだと入りやすいけど、
5弦ルート、4弦ルートは苦手だなぁ。
m7コードだと、6弦でも5弦でも入るんだけど、、、

ギターって、演奏に対して非常に視覚的な要素が大きいと思うのだが、
こうやって丁寧に運指を考えると、自分に足りないもの、
視覚に引きずられる要素なんかを再認識できて練習になりますね。

あぁ、上手くなりたい。
関連記事

«  | HOME |  »